青汁の効果ランキング

やわたのおいしい青汁

青汁の効果とは

いまや健康ドリンクの定番といえば、青汁ですよね。
子供から大人までファンにするほどの健康力や美味しさが、最近の青汁には備わってきました。
テレビCMで紹介され始めた頃の青汁にあった「まずい」「苦い」というイメージは、すっかり一新されたのではないでしょうか。
とはいえ、野菜嫌いな人や青汁に固定観念を持ち続けている人にとっては、イメージが変わっていないかもしれません。

 

近頃の青汁が以前に比べて格段に飲みやすくなったのは、製造するメーカーが増えて業界内での競合が盛んになったからでしょう。
折りしも健康ブームで到来し、飲むだけで栄養補給が出来るという点も多忙な現代人にマッチしたのです。
もともとは中高年以上の人をターゲットにしていた青汁も、今では子供がゴクゴク飲めるというのを売りにした商品まで登場しています。
そんな青汁の効果は、やはり栄養成分にあります。
ビタミンAやカリウム、食物繊維が豊富な青汁は、健康を維持するためには欠かせない成分が含まれています。

 

さらに嬉しいのが、女性の美容に役立つ成分などがプラスされている青汁が出てき始めてきたことです。
便秘や肌荒れなど、女性の悩みは栄養不足に由来することが多いもの。
青汁なら基本的な栄養成分が補給できるうえに、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容に重要な成分が配合されているなら百人力ですね。

青汁は飲みやすいのが特長

青汁ブームが再来してから数年、それ以前に話題になったときでもひと昔前程度といってよいでしょう。
しかし実は、青汁の歴史はかなり古いのです。
もともとは特定の生野菜を絞った汁が青汁だったのですが、いま健康食品とされている青汁には様々な原料が用いられています。
ただ、いずれにしてもその特長といえば、緑黄色野菜独特の匂いと味に凝縮されるのではないでしょうか。
この特有の風味を苦手とする人が多いため、改良された青汁には野菜以外の原料も多く取り入れられています。

 

健康目的だけでなく美容目的に青汁を飲んでいる人には、野菜の成分に加えてコラーゲンやヒアルロン酸などの成分に魅力を感じるかもしれません。
もちろん効き目には個人差がありますし、青汁本来の働きを見失わないように注意してください。
また、飲みにくさに続けられないのはせっかくの効果につながりません。
一ヶ月に一度飲む程度では、あまり高い効果は期待できないはずです。
続けて飲むことを考えると、自分が飲みやすい味を選ぶことも大切です。

 

飲みやすさにもつながる青汁の原料には、明日葉やケール、大麦若葉などの種類が増えてきました。
これらの野菜は一般的に市販されている野菜ではありませんから、青汁でとれるのが一つのメリットとなります。
液体は固形物よりも吸収力が高いので、上手に青汁の効果を取り入れましょう。

 

 

青汁の人気ランキング

これだけ青汁の種類が増えてくると、どの青汁を選べばよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。
同じ原料を使った青汁も多く、悩むのも無理はありません。
そんなときは、青汁の人気ランキングを参考にしてみてください。
例えば、1位のロングヒットを続けているのは、えがおの青汁です。
毎日でも飲み続けられる美味しさが特長で、幅広い世代から支持されているのです。
美味しさの秘密は、主原料が大麦若葉という点にあるかもしれません。
カルシウムやマグネシウム、ビタミンDなど、不足しがちな栄養成分が配合されているのも魅力です。

 

青汁人気2位によく挙がっているのが、トウ・キューピーの元気な青汁です。
ケール100%と元祖青汁に準じた原料を使っているため、好みが分かれるでしょう。
ドリンクで飲みにくい場合は、粒タイプにトライしてみるのもおすすめです。
一日あたり66円という価格は、青汁業界では最安値といってもいいくらいです。
一方、ふるさと青汁は、原料に明日葉を使っています。
デトックス効果が高い明日葉は、むくみを気にしている方には最適です。

 

美容にこだわりのある方には、美感青汁が人気を上げています。
ジェル状の青汁で、携帯しやすいのも受けています。
コラーゲンやコエンザイムQ10、プラセンタ、ヒアルロン酸、ビタミンCなど、女性が美容に求める成分があれこれ配合されていますよ。
最近話題のミドリムシも、青汁として登場しています。
ミドリムシといっても虫ではなく藻の一種なので、安心してください。
栄養成分が抜群に優れているミドリムシのことですから、これからランキングもどんどん浮上してくるかもしれません。